好奇心とは本能だ!! 

基本陸路で五大陸駆け抜ける

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クシャダス  ポカラ 回想

今日の朝、トルコ南部の街 クシャダスに到着した。

目の前にエーゲ海が広がる港町だ。 

海は、綺麗だがヨーロッパのリゾートと化している為、ツーリストタウン化してる。

しかし、そんなに人は擦れていないし いい感じだ。 

昨日、イスタンブール最後の晩餐に宿の近くで見つけた バイキング定食屋 に行った。 

いろんな種類のトルコ料理を少しずつ食べれてヴォリューム満点、しかも7リラ(約400円)なのだ。 

三日間のイスタンブール滞在のうち三回も行ってしまった。

初めて行った時、顔見知りになり。 二回目行った時、知り合いになり。

三回目行った時、友達になった。 なかなか帰らしてくれない、チャイとコーヒーを4杯ぐらいご馳走になり、

別れを告げた。  俺が、広島出身だと言うと いきなり 歌いだしが 広島ほにゃららー で始まる

トルコの歌をシェフと二人でフルコーラス熱唱してくれた。

イスタンブールは、街を歩いていると突然 素晴らしい景色が現れる、(すぐ其処の角を曲がるとバーンみたいな感じで)それに いちいち やられてしまう。

それに、かっこいい店も多い。俺の興味をそそる店が 沢山だ。 

最初は、なんか アレだなー と思っていたこの街も去るとなったら妙に名残惜しく感じてしまった。

この クシャダスという街に来るときのバスの中で 面白い日本人に会った。 

カナダのサーカス団で働いているリハビリ師(トレーナー)だ。 サーカス団と一緒に世界中を飛び回ってるみたいだ。 

今は、ロシアらしい。 そして、一週間のバケーションでトルコに来てるみたいだった。 

面白い生き方してる人 たくさんいるなー 世界には。 もちろん日本にも一杯いるけど。 


さあ、写真アップロード出来たから 続きだ。



ポカラ 回想

IMG_1395.jpg
IMG_1411.jpg
IMG_1415.jpg
IMG_1417.jpg
IMG_1423.jpg
IMG_1427.jpg
IMG_1427.jpg
IMG_1428.jpg
IMG_1432.jpg
IMG_1436.jpg
IMG_1439.jpg
IMG_1457.jpg
IMG_1465.jpg
IMG_1516.jpg
IMG_1482.jpg
IMG_1496.jpg
IMG_1504.jpg
IMG_1511.jpg
IMG_1515.jpg
IMG_1522.jpg
IMG_1530.jpg
IMG_1537.jpg
IMG_1540.jpg
IMG_1550.jpg
IMG_1517.jpg
IMG_1551.jpg
IMG_1557.jpg
IMG_1559.jpg
IMG_1567.jpg
IMG_1569.jpg
IMG_1572.jpg
IMG_1581.jpg
IMG_1585.jpg
IMG_1595.jpg
IMG_1575.jpg
IMG_1579.jpg
IMG_1580.jpg
IMG_1601.jpg
IMG_1606.jpg
IMG_1618.jpg
IMG_1627.jpg
IMG_1629_20100930035219.jpg
IMG_1630_20100930035218.jpg
IMG_1705.jpg
IMG_1633.jpg
IMG_1638.jpg
IMG_1650.jpg
IMG_1672.jpg
IMG_1692.jpg
IMG_1718_20100930035429.jpg
IMG_1726.jpg
IMG_1726.jpg
IMG_1727_20100930035428.jpg
IMG_1729.jpg
IMG_1732.jpg
IMG_1716.jpg
IMG_1746.jpg
IMG_1747_20100930035452.jpg
IMG_1751.jpg
IMG_1755.jpg
IMG_1770.jpg
IMG_1792.jpg
IMG_1836.jpg
IMG_1839.jpg
IMG_1842.jpg
IMG_1809.jpg
IMG_1811_20100930035703.jpg
IMG_1828.jpg
IMG_1846.jpg
IMG_1857.jpg
IMG_1862.jpg
IMG_1862.jpg
IMG_1878.jpg
IMG_1880.jpg
IMG_1883.jpg
IMG_1903.jpg
IMG_1884.jpg
IMG_1892.jpg
IMG_1898.jpg
IMG_1901.jpg
IMG_1902.jpg
IMG_1906.jpg
IMG_1917.jpg
IMG_1926_20100930035955.jpg
IMG_1931.jpg
IMG_1936.jpg


ポカラもカトマンズ同様 時間があっという間に過ぎていった。 

丁度 雨季というのもあって 毎日雨でポカラの素晴らしい景色は 見ることが出来なかったけれど

極上な時は、そんなこと一向に関係ないのだ。 

彫り師の兄ちゃんと仲良くなって バイクを見せてくれるって事になったんだけど ガレージに行くと

なんと  ROYAL ENFEILDが!!!!  

しかも、かっこよくカスタムされている。 日本でこんなカッコいい ROYAL ENFEILD 見たことないぞ。

久々に聴いた このバイクの音 やっぱり いい。 

再び 惚れた。  俺は、ここでこいつに会う運命だったんだ。  

思い出させてくれた、こいつのオイルにまみれた10代の頃を。 

高校生の時 俺は、このバイクに乗っていた。 

ホントに よく壊れるバイクで(今考えれば俺の乗り方もひどいものだったが)幾度も 真っ暗な道を

何キロもおしてバイク屋を探したものだ。 しかも、一度壊れると その頃は部品を毎回インドから取り寄せていた為に 二ヶ月入院は確定だった。 

何度も泣かされたし、いつも俺を未知の世界に誘ってくれた。

あの頃の俺の自由の羽だった。 

今ようやく自由ってものが 何なのかを少し解かりかけているような気がする。 

何物にも縛られない本当の自由。 

閉じた瞳の奥の奥に、、、  
スポンサーサイト

イスタンブール お洒落な糞にジェラシー 3

昨日は、空を飛ぶカモメに恋をした。 

俺の彼女は、カモメに嫉妬するのだろうか? 

俺ならきっと嫉妬るするけど、、、 


カモメにSHIT!!  

と、またどうでもいい事を つらつら書いているわけなんだけど、

何故か ここイスタンブールの俺の泊まっているホステルのWAFIから

うまく写真がアップロードできない。 いつもなら6枚づつアップできるのだが 

その画面に行ってくれないから 1枚づつアップしなければならない。

だから、してないのだが。 

次の街に行けば、きっとまた出来るようになると信じて 今日の夜 

イスタンブールを出るぞ。 

イスタンブールからトルコを南下してエーゲ海の島々を渡りギリシャ入りしてやる。 

村上春樹が好きな人ならギリシャの海に興味があるはず。

体と心が自然を求めている。 イスタンブールは興味深い街ではあるが、都会だから

なんか せかせかしてしまいがちだ(実際には 全くしていないが なんとなく)。

しかし、昨日は船で二時間のイスタンブールクルージングをしたのが、よかったなー。 

久しぶりにビールを飲みたいと思った。 

最近めっきりビールを飲まなくなった。飲みたいと思わなくなってきてるのだ。

無くても十分楽しめる。 が、昨日はカモメにやられた。 

どうでもいい人には、どうでもいい事だろうけれど イスタンブールのカモメが

空を旋回する姿の美しさは、惚れるよ。 

酔って 酔われて 酔いどれて  それを感じれただけで ここへ来た甲斐があった

と思わずには いられない。



イスタンブール お洒落な糞にジェラシー 2

今日、日曜日のイスタンブールは、いろんな人種の旅行者達でごった返していた。

それにしても 面白い街だ。 

昨日の夕方、街をプラプラ歩いているとエーゲ海沿いに芝生の公園を見つけた。 

ここぞとばかりに座ってYOGAをしようとしてると、近くにいたオッサン二人が

こっちへこい こっちへこい と激しくて招きしてくる。 

しかし、俺はYOGAがしたかったから 後で と言って目を閉じてYOGAを

やっていた。 

そして、YOGAも終わり目を開けると、待ってましたとばかりにさっきのオッサン達が、隣に座ってきて一緒にビールを飲むことになった。 

彼らは、英語を一切喋れない。 俺は、トルコ語を一切喋れない。 

なのに、適当に話してるとなんとなく話できるのが おもしろい。 

暫らくすると、俺の家に来いと俺の手を引いて イスタンブールのローカルエリア

の一角にあるアパートの一室に連れて行かれた。 

そこで、待ち構えていたのは恰幅のいいロシア人のオバちゃん二人。 

この二人も英語は全く喋れない。 

しかも、丁度夕飯の支度をしていた。 

このパターンは、夕飯に誘われるパターンだ。 

そして、案の定ここで夕飯を食べていけ ということになった。 

どこの馬の骨とも解からない異国人の俺を家に招待してくれ 

その上食事までご馳走してくれるなんて、これぞ旅の醍醐味。 

しかし。ここで一つ問題が。 

俺は、つい一時間半ぐらい前に夕飯をたらふく食べていたのだ。 

お腹一杯の状態で目の前には、トルコとロシアの家庭料理が食卓に並べられた。

二人のオッサンと二人のオバちゃんは、ウォッカをストレートでクイクイいってる。 

そして、その調子で俺の皿にガンガン盛ってくる。 

俺のノルマが皿に満たされた時は、愕然とする思いだった。 

しかし、みんなのノリに併せてウォッカを飲んでると そんな事どうでもいいような気がしてきた。 

俺の出来る範囲でみんなと楽しい時間を過ごすことが出来れば それでいいじゃないか。 
ああ、そうさ 俺はこのご飯を半分も食べることは出来ない しかし、だから何だって言うんだ そんな事と俺のみんなへの感謝の気持ちは比例するものではないのだ。

という開き直りでみんなと楽しくご飯を食べてると いつの間にか みんなが色々とヘルプしてくれ、俺の皿は綺麗に空になったのだ。

だからなんだって話では あるけれど、食べ物は残してはならない、人からの好意を無碍にしてはいけない という教育の元 育ってきた俺にとっては 大きなことなのだ。 

夜も更けてきて そろそろ帰ろうとすると一人のオッサンが 俺が送ると 言ってきかない。 

俺が 何度も いいよ いいよ と言ってるのに 危ないからという理由で結局

送ってくれることになった。 

俺が、トルコ語解からないの知ってるはずなんだけど お構いなしに喋り倒すこのオッサンは、もう完璧に出来上がってる。

そして、最後の最後には全く違う方向に向けて俺を連れて行こうとする。

あきれて、俺が踵を返して自分のホテルの方向に歩いていくと 慌ててついてくる。

そして、さっきからずっと気になっていたんだが、帰り道やたらと俺の腕に腕を絡ませてきて接近してくる、最初は遠慮気味に離れていたんだが 
最後の方は フンッ と腕を振っていた。

ようやくホテルに到着すると なぜかそのオッサンまで部屋に上がってこようとするではないか。 

家に招待してくれ、夕飯までご馳走になった手前 断りづらいけれど きっぱり断った。

それじゃーと手を振ってエレベーターに乗ろうとすると、ハグしようとしてきて 

潤んだ目で プリーズ と言ってきた。 背筋が、、、 

その時 はっきり解かった。 もう一人のオッサンは解からないが このオッサンは アレだ。 

じゃーあのロシア人のオバちゃんは何だったのかは謎だが、このオッサンは危険だ。

俺が、激しく抵抗すると諦めて帰ろうとした、その時再び くるっと こっちを振り返って I LOVE YOU と叫んで去っていった。 

その時その場に居たレセプションの兄ちゃんと旅行者のカップルと俺 暫らく固まった後、爆笑。 

イスタンブールで髭ズラのオッサンに愛を告白されるとは、イカツ過ぎる。 

因みにこれだけは言っておきたい 

俺は、男で恋愛対象は女だ。 

揺ぎ無く 女だ。 


イスタンブール お洒落な糞にジェラシー

イスタンブールにやってきた。 

今、ブルーモスクの前に座って 鳩に餌をやっていたんだが、鳩はバナナの皮を食べないらしい。

俺も食べない。 

猫も食べない。

じゃー誰が食べるのか? 

ラクダあたりなら食べるかもしれない。 


と、どうでもいい事を つらつら 書けるのは、イスタンブール一帯にタダでインターネットを出来るシステムのお陰だ。

お洒落な糞にジェラシーな気持ち。 

どうやら 昨夜は、バスの中で一睡もしていなかった為 少し 面白いことになってる。 

俺は、音楽を聴きながら寝ることが出来ない。 

昨日のカッパドキアからのバスの中では、子供が終始ぐずっていた為 ずっと音楽を聴いていた。 
 


イスタンブール  ビックシィテェー 

物価       たけー

街        きれー

俺        居づれー

なんで さくっと観光してギリシャに行こうと今のところ思っているが、明日のことは誰も解からないから

流れに身を任す。

昨日は、一日カッパドキアをバイク借りてドイツ人のヴァリーと周ったんだけど、 相当楽しかった。

何が、楽しかったかは また おいおい 書いていこうと思うんだけど、 やはりツアーで周るのもいいけれど

自分で迷いながらでも 人に道聞いて 好きなところで止まって タバコ吸って 写真とって マッタリするのが

俺は、好きだな。

自分で見つけた場所は、自分の場所に出来るからね。 

ドイツ人のヴァリーは、少々臆病なところがあって カッパドキアにあるアンダーグラウンドシティー 

(昔、現地の人たちが身を守る為に造った 岩山の中の街)に行って ガイドのオッちゃんと三人でトーチを

持って案内してもらってたんだけど、トンネルの天井に小さな穴が開いていて オッちゃんが少しここで待ってて

と言うから 待ってたら その穴から手が出てきてヴァリーの髪を触ったんだけど、 

まー中は、暗いし誰が驚いても仕方が無いような状況ではあった。 

でも、その時のヴァリーのビビり具合は 相当なもので叫び声がアンダーグラウンドシティーに コダマした。

俺も、あまりのヴァリーのリアクションに オッちゃんの手よりもそれにビックリした自分に馬鹿ウケ。

まーひさびさ 大声で笑ったわけなんだけど、お陰で体調不良も吹っ飛んでくれた。

笑いは、よく効く。


また、写真は おいおい アップするとして イスタンブールを楽しまなくては。 

現在 イスタンブール 朝の9時45分 街がようやく起き始めたような感じだ。 

さあ、街を徘徊してみるか。

カッパドキアと温水シャワー  ネパール 回想 1

これまでずっと 暖かいところばかり居たから特に必要なかった 温水シャワー。 

ココへ来てようやく 現れた。 やっぱり いいよ、 疲れが取れる。 

と 思いつつも 軽く体調を崩し気味で今日は、宿で引きこもり。 

しかし、昨日は そんな体を鞭打って ツアー観光してきたんだけど 

主な感想は、綺麗 そして 一緒に周ったスペイン人 チリ人 カナダ人が面白かった。 

これは、カッパドキアとか全く関係ないけれどね、、、 

それにYOGAをすると 体に訪れる痛みが 緩和する事を発見した。

痛みには、周期がある。 その周期の曲線が緩やかになり そして 間隔が広くなる。 

これも カッパドキアとは全く関係ないけどね、、、 




ネパール 回想 

ヒマラヤベースキャンプを発って、中国とネパールのボーダーへ向かった。 

ヒマラヤベースキャンプに向かうとき同様 すさまじい悪路。 ココまで来ると 楽しくなってくるほどだ。 

そして、国境の街に無事到着。 

次の日には、ネパールの首都 カトマンズに到着した。 

初めて訪れるカトマンズは、俺の目にキラキラ輝いて見えた。 

IMG_0038.jpg
IMG_0071.jpg
IMG_0073.jpg
IMG_0105.jpg
IMG_0096.jpg
IMG_0119.jpg
IMG_0121.jpg
IMG_0126.jpg
IMG_0152.jpg
IMG_0195_20100923214518.jpg
IMG_0198.jpg
IMG_0199.jpg
IMG_0206.jpg
IMG_0211.jpg
IMG_0212.jpg
IMG_0228.jpg
IMG_0237.jpg
IMG_0245.jpg
IMG_0271.jpg
IMG_0275.jpg
IMG_0249.jpg
IMG_0259.jpg
IMG_0261.jpg
IMG_0268.jpg
IMG_0293_20100923214851.jpg
IMG_0299.jpg
IMG_0304.jpg
IMG_0310.jpg
IMG_0330.jpg
IMG_0331.jpg
IMG_0341.jpg
IMG_0343.jpg
IMG_0352.jpg
IMG_0368.jpg
IMG_0374.jpg
IMG_0386.jpg
IMG_0398.jpg
IMG_0400.jpg
IMG_0408.jpg
IMG_0410.jpg
IMG_0388.jpg
IMG_0392.jpg
IMG_0413.jpg
IMG_0439.jpg
IMG_0443.jpg
IMG_0444.jpg
IMG_0445.jpg
IMG_0449.jpg
IMG_0518.jpg
IMG_0537.jpg
IMG_0458.jpg
IMG_0463.jpg
IMG_0474.jpg
IMG_0490.jpg
IMG_0540.jpg
IMG_0547_20100923215342.jpg
IMG_0558.jpg
IMG_0564.jpg
IMG_0571.jpg
IMG_0577.jpg
IMG_0583.jpg
IMG_0589.jpg
IMG_0597.jpg
IMG_0600.jpg
IMG_0609.jpg
IMG_0616.jpg
IMG_0651.jpg
IMG_0652.jpg
IMG_0666.jpg
IMG_0668.jpg
IMG_0623.jpg
IMG_0644.jpg
IMG_0670.jpg
IMG_0679.jpg
IMG_0695.jpg
IMG_0703.jpg
IMG_0711.jpg
IMG_0718.jpg
IMG_0752.jpg
IMG_0754.jpg
IMG_0728.jpg
IMG_0730_20100923215911.jpg
IMG_0732.jpg
IMG_0746.jpg
IMG_0782.jpg
IMG_0805.jpg
IMG_0839.jpg
IMG_0846.jpg
IMG_0850.jpg
IMG_0855.jpg
IMG_0860.jpg
IMG_0861.jpg
IMG_0862.jpg
IMG_0873.jpg
IMG_0875.jpg
IMG_0894.jpg
IMG_0900.jpg
IMG_0908.jpg
IMG_0930.jpg
IMG_0932.jpg
IMG_0939.jpg
IMG_0957.jpg
IMG_0968.jpg
IMG_0993.jpg
IMG_1022_20100923220408.jpg
IMG_1031_20100923220408.jpg
IMG_1033_20100923220407.jpg
IMG_1038_20100923220407.jpg
IMG_1039_20100923220509.jpg
IMG_1046_20100923220508.jpg
IMG_1049_20100923220508.jpg
IMG_1054_20100923220507.jpg
IMG_1057_20100923220507.jpg
IMG_1059_20100923220506.jpg
IMG_1065_20100923220554.jpg
IMG_1066_20100923220553.jpg
IMG_1107_20100923220552.jpg
IMG_1112_20100923220552.jpg
IMG_1116_20100923220551.jpg
IMG_1124_20100923220549.jpg
IMG_1145_20100923220718.jpg
IMG_1147_20100923220718.jpg
IMG_1190_20100923220717.jpg
IMG_1212.jpg
IMG_1127_20100923220719.jpg
IMG_1132_20100923220719.jpg
IMG_1234.jpg
IMG_1236.jpg
IMG_1225.jpg
IMG_1226.jpg
IMG_1228.jpg
IMG_1230.jpg
IMG_1237.jpg
IMG_1258_20100923221452.jpg
IMG_1261.jpg
IMG_1267.jpg
IMG_1286.jpg
IMG_1337.jpg

カトマンズではスィンギングボールと印象的な出会いをした。

到着した次の日、通称 モンキーテンプル に行ってみた。 

山の頂上にあるお寺で猿が たくさんいる。 

チベットで小さなスィンギングボールを買って ずっとやっていたんだけど、そのモンキーテンプルに

スィンギングボールの専門店があって 見たこともないスィンギングボールを発見。 手にとって 回してみると

明らかに 他のどれとも違う音がする。 俺が、はまってやっていると その店の人がやってきて 

レクチャーしてくれ始めた。 その人は、アメリカに住んでいるネパール人で たまたまネパールに帰ってきているらしかった。

アメリカでは、週に一回 五人のスィンギングボール奏者とメディテーションLIVEをやったりしているみたいで、スィンギングボールの音の操り方が こんなにも多彩に表現されるのか と思うほど 素晴らしい演奏を聞かせてくれた。

その後、約二時間その店でスィンギングボールを 教わっていたんだけど、いざ そのスィンギングボールの値段を聞くと、やはり 相当高い。 

即決できる値段ではないし、カトマンズには他にもたくさんのスィンギングボールの店があるから 他を周ってみて決めたいと思い その旨を伝えると快く承諾してくれた。 

「私は明日アメリカに帰るから他の人に君の事を伝えておくよ。 だから、自分の納得いくまで探してみなさい  しかし、君は必ずここへ帰ってくるよ。」

と言い残し 彼と別れて一週間 俺はカトマンズにある スィンギングボールの店を いろいろ周ってみた。

しかし、あのモンキーテンプルで回したスィンギングボール程の音のスィンギングボールは 

無かった。。。

彼の言ったとおり 俺はカトマンズを出る日の前日 再びモンキーテンプルの階段を登っていた。



 



 


プロフィール

slowrum

Author:slowrum
           極楽刺激同盟

       
只今 世界を旅してます

バックパックとギターを持って!!


そんでもって 今は日本にいないため活動中止中ですが バンドやってます

[ ANTLION ]

http://www.myspace.com/1004323276


最終目標 日本を目指して徐々に進もう 徐々に

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

slowrum

Author:slowrum
           極楽刺激同盟

       
只今 世界を旅してます

バックパックとギターを持って!!


そんでもって 今は日本にいないため活動中止中ですが バンドやってます

[ ANTLION ]

http://www.myspace.com/1004323276


最終目標 日本を目指して徐々に進もう 徐々に

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Copyright © 好奇心とは本能だ!!  All Rights Reserved.Designed by WAREHOUSE. Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。