好奇心とは本能だ!! 

基本陸路で五大陸駆け抜ける

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マドリード    イスタンブール 回想

コーヒーを飲んでいると目つきの悪いやけにガタイのいい日本人か韓国人のどちらかだろうと思われる若者が、俺の方をチラ見し通り過ぎて行った。そして振り返って再びチラ見。

「よっ!!」と声掛けるとイカツイ顔で「日本人ですか?」って近寄ってきた。

ついさっきマラケシュに着いたばかりの下北沢大学生ラガーマン。

大学時代の思い出作りにサハラ砂漠を見に来たみたいだ。初のバックパッカーでいきなりモロッコ。中々肝が据わっていて面白そうな奴だ。 

その彼が、ドイツの空港を経由してカサブランカ マラケシュと来たみたいなんだけど海外で日本人を見るのがどうやら嫌らしい。

ドイツの空港でもカサブランカでもマラケシュでもチラホラ見かけたみたいだ。せっかく海外に出てきたのにって感覚なのだろう。解からなくはない、その気持ち。

そこで俺がサクラダファミリアに行った時日本人の団体ツアーとカチあってガイドが旗を持って「さあ皆さんこちらですよー。時間が押してますから少し急いでくださーい。」とか言ってる場面に遭遇した話をすると「うわー いらねー。そんなのいらねー。」と言ってた。

昨日無事マラケシュからスペイン国境の街タンジェに朝方到着。そのまま出会ったコリアンカップルと一緒にタクシーで港に行き船に乗りバスに乗りスペイン側の国境の街のバスターミナルに到着。

マドリッドまでのバスを調べると27ユーロと意外に安い それにタイミングもバッチリ そのままバスに乗り込んでマドリッドに向かっている。窓から見える景色は、スペイン南部独特の茶色い地肌に青い空、山並みに沿って規則的に美しく並ぶ家々。

そんな中 昨日の彼の言葉を思い出した。確かにわかる実際俺もサクラダファミリアでは、すぐその空間から立ち去った。しかし、海外で会う日本人特にインド教の旅人なんかは面白い人がワンサカいる。

そうじゃない人だって日本では絶対に会わない職種、タイプの人と話してると相当面白いし興味深い。

だからそんなに海外で会う日本人を嫌うのはもったいないとか何とか要らぬお節介を焼いている俺、オッサンだな(笑)。

まーでも彼も俺に日本語で声掛けてきたんだから満更でもないんだろう。

モロッコに来てから何故か出会いが多い。フランス人然り今朝会ったコリアンカップルも船の中でずっと話していて仲良くなった。

そうそう それに昨日の電車の中ではギニア人の友達が出来た。彼は、俺にギニアに行くことを強く勧めてきた。 そして、ギニアの話を色々聞かせてくれた。俺も本当はアフリカに強く行きたいと思っていただけにギニアの魅力 アフリカの魅力を現地人から熱く語られると行けない事が少しつらくなる。 しかし、ギニアに友達が出来たのは嬉しい。来る時には必ず電話するように言ってくれたし、家にも泊まらせてくれるみたいだ。このパターンでこれから行くマドリードに住む ブリュッセルであった日本人の友達の姉さんの家に厄介になろうとしてる俺、図々しいな(笑)

しかし、旅に遠慮は禁物だ(空気は読む)。 踏み込んで踏み込んで行った先にあるものが見たいんだ。そして、感じたいんだ 極楽刺激を。


イスタンブール 回想
IMG_7004_20101118234802.jpg
IMG_7005.jpg
IMG_7006.jpg
IMG_7009.jpg
IMG_7011.jpg
IMG_7012.jpg
IMG_7016.jpg
IMG_7018.jpg
IMG_7020.jpg
IMG_7022.jpg
IMG_7030.jpg
IMG_7032.jpg
IMG_7039.jpg
IMG_7045.jpg
IMG_7051_20101118234926.jpg
IMG_7060.jpg
IMG_7067.jpg
IMG_7123.jpg
IMG_7127.jpg
IMG_7135.jpg
IMG_7154.jpg
IMG_7156.jpg
IMG_7157_20101118234956.jpg
IMG_7159.jpg
IMG_7168.jpg
IMG_7173.jpg
IMG_7176.jpg
IMG_7181.jpg
IMG_7188.jpg
IMG_7166.jpg
IMG_7189.jpg
IMG_7194.jpg
IMG_7194.jpg
IMG_7198.jpg
IMG_7199_20101118235110.jpg
IMG_7212.jpg
IMG_7224.jpg
IMG_7247.jpg
IMG_7256_20101118235142.jpg
IMG_7274.jpg
IMG_7233.jpg
IMG_7237.jpg
IMG_7241.jpg
IMG_7278.jpg
IMG_7285.jpg
IMG_7288.jpg
IMG_7289.jpg
IMG_7290.jpg
IMG_7293.jpg
IMG_7352.jpg
IMG_7315.jpg
IMG_7325.jpg
IMG_7346.jpg
IMG_7347.jpg
IMG_7350.jpg
IMG_7358.jpg
IMG_7363.jpg
IMG_7370.jpg
IMG_7371.jpg
IMG_7372.jpg
IMG_7354.jpg
IMG_7373.jpg
IMG_7374.jpg
IMG_7375.jpg
IMG_7377.jpg
IMG_7378.jpg
IMG_7382.jpg
IMG_7391_20101118235608.jpg
IMG_7395.jpg
IMG_7427.jpg
IMG_7428.jpg
IMG_7435.jpg
IMG_7467.jpg
IMG_7488.jpg
IMG_7496.jpg
IMG_7506.jpg
IMG_7609.jpg
IMG_7610.jpg
IMG_7611.jpg
IMG_7626.jpg
IMG_7612.jpg
IMG_7615.jpg
IMG_7616_20101118235759.jpg
IMG_7617.jpg
IMG_7622.jpg
IMG_7636.jpg
IMG_7641.jpg
IMG_7649.jpg
IMG_7673.jpg
IMG_7681.jpg
IMG_7682.jpg
IMG_7687.jpg
IMG_7705.jpg
IMG_7710.jpg
IMG_7719.jpg
IMG_7727.jpgIMG_7629.jpg
IMG_7749.jpg
IMG_7770.jpg
IMG_7771.jpg
IMG_7774.jpg
IMG_7743_20101119000937.jpg
IMG_7745_20101119000937.jpg
IMG_7749_20101119000936.jpg
IMG_7770_20101119000936.jpg
IMG_7771_20101119000935.jpg
IMG_7728.jpg
IMG_7743.jpg
IMG_7745.jpg
IMG_7783_20101119001005.jpg
IMG_7774_20101119001007.jpg
IMG_7777.jpg
IMG_7779.jpg
IMG_7780.jpg
IMG_7781.jpg
IMG_7791.jpg
IMG_7805_20101119001045.jpg
IMG_7805_20101119001045.jpg
IMG_7811.jpg
IMG_7817.jpg
IMG_7817.jpg
IMG_7831.jpg
IMG_7789.jpg
IMG_7872.jpg
IMG_7874_20101119001142.jpg
IMG_7877.jpg
IMG_7849.jpg
IMG_7851.jpg
IMG_7859_20101119001129.jpg
IMG_7860.jpg
IMG_7868.jpg
IMG_7870.jpg


スポンサーサイト

バロセロナ 浮き沈みの一日    

美しい女の子達が 俺の目の前をツカツカ歩いていく街 バロセロナ。 

今日の目的は、スペインーメキシコのチケットとここからモロッコのカサブランカへのチケットを買うこと。 

一昨日 旅行代理店でチェックすると 400ユーロであったから それで手をうとうと目的の旅行代理店に行くと

「そのチケットは もうありません。同じ日のチケットは750ユーロの物しかありません。 もし、同じ値段で行こうと思うなら 一ヶ月先ならあります。」

とのことで、相当まいった。 

値段が倍以上違う上に日にちを変えるにしても 目当ての日にちから約3週間も離れてる。


とりあえず 頭の中を整理する為に街を歩く。

他の旅行代理店も当たってみる。 

しかし、どこも同じような値段で同じような状況。 

一昨日買っていればと、後悔したところで どうしようもない。 

このまま行くと 行きたかった所を大幅に削らなければならなくなる。 

考えれば考えるほど落ち込んでいってしまう現象に、、、 

これじゃーいかんと 前回は中に入らなかったサクラダファミリアにもう一度行ってみた。 

そして、中に入るとさっきまで考えていたようなことを すっ飛ばしてくれた。 

ガウディの想像力とその表現力 そしてそれを受け継ぐ人たちの熱意。 

こだわりを こだわりぬいた 作品は、人の心の空白を埋め尽くす力を持っている そして その逆を言えば 全ての思考を打ち消されてしまうという事でもある。 

素晴らしかった。 


その後もプラプラ街を歩きながら考えた末、これはやはりもう少しヨーロッパを楽しめと言うことだと解釈しようとした。 

そして、一番最初に行った旅行代理店に向かって歩いていた。 

すると、ある小さな旅行代理店を発見。 中にはインド人らしいき人たちが5人ぐらいでウジャウジャしてる。 

中に入ってチケットを聞こうとすると、違うアパートの一室に連れて行かれた。 

その部屋は、オフィスになっていてたった一人のパキスタン人がパソコンのキーボードを叩いていた。 

俺が、目当てのチケットを聞くと 一昨日と同じ条件のチケットを提示された。 


俺の旅は、こんなんばっかりだ。 

しかし、一度落とされた分 上げられた時の喜びは、いつも半端ない。 

と言うことで 今日の目的を無事達成することが出来た。 

明日は、モロッコに向けてバスで27時間 カサブランカをめざす。


バルセロナ ガウディ攻め

現在 ベトナムで会ったバロセロナの友達の家に滞在中。

友達は、テレビの仕事でメイクをしてる。 

だから忙しい。 

俺は、その友達の家で英語の全く喋れないお父さんとお母さんと毎晩 夕食を食べている。 


この街は、ガウディの作品が色んなところにあって 今日も色々見て周った。

もちろん サクラダファミリヤにも行った。 


スペインは、街が起きるのが遅い。 

したがって朝食は、日本で言うお昼前 昼飯は、3時 夕食は10時ぐらいだ。 

早起き好きのはずの俺は、毎朝11時に目が覚める。 

悪くない。 




前回のカルカッソンヌの日記の続き

あの後、フランス人の家に行き返してくれと言ったけど しらばっくれられて

person no body の家に行くと 警察に一緒に着いてきてくれた。

警察に行き、明日来い と言われ 警察署を出ようとすると 

向こうから例のフランス人の男二人が俺のカメラを手に持って現れ返してくれた。

一度盗まれたカメラが 返ってきた。 

こんなこともあるんだな。 


細かいことは抜きにして 返してくれたことに感謝できた。 



プロフィール

slowrum

Author:slowrum
           極楽刺激同盟

       
只今 世界を旅してます

バックパックとギターを持って!!


そんでもって 今は日本にいないため活動中止中ですが バンドやってます

[ ANTLION ]

http://www.myspace.com/1004323276


最終目標 日本を目指して徐々に進もう 徐々に

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

slowrum

Author:slowrum
           極楽刺激同盟

       
只今 世界を旅してます

バックパックとギターを持って!!


そんでもって 今は日本にいないため活動中止中ですが バンドやってます

[ ANTLION ]

http://www.myspace.com/1004323276


最終目標 日本を目指して徐々に進もう 徐々に

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Copyright © 好奇心とは本能だ!!  All Rights Reserved.Designed by WAREHOUSE. Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。