好奇心とは本能だ!! 

基本陸路で五大陸駆け抜ける

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハノイ 其の2

其の1の続き


転がり込んだ宿は、綺麗だしドミトリーの値段も申し分なし。 クーラーついてて毎日清掃入って朝ごはんまでついて6米ドル(ベトナムはドンの他に米ドルも使える)。 文句なしだ。 

荷物を降ろしてシャワーを浴びると腹が減ってきた。 さっきまでの疲れは忘れ初めて訪れたハノイの街を早速徘徊。

情報収集のため日本人宿に向かい日本人のオッちゃん発見!! 関西のオネーさんもいて、それに混じって話していると二階から刺青だらけの男が現れた。  そいつは、沖縄在住の宮崎人で遺跡発掘しながらハードコワやってる見るからに面白そうなオーラを全開に出している。 名前はトモ。速攻で意気投合 二人でハノイの夜の街へ繰り出した。

IMG_4250.jpg

腹ごしらえ 


近くにちょうどいい大きさの池があってそこを二人 ほろ酔いで歩いていると若者たちがタムロして手招きしてくる。
輪の中に入って話してると、なにやら様子が違うことに徐々に気づき始めた。 変な違和感、昔感じたことのある。 

IMG_4252.jpg

東南アジアは、オカマとゲイがやたら多い。 一緒にいたトモはやたら気に入られホテルに誘われていた。 しかし、話す分には相当面白い。 

次の日も トモと一緒にハノイの街を徘徊

IMG_4253.jpg

IMG_4254.jpg

IMG_4255.jpg

IMG_4257.jpg

IMG_4258.jpg

IMG_4259.jpg

IMG_4260.jpg

IMG_4261.jpg

IMG_4262.jpg

IMG_4263.jpg

IMG_4264.jpg

IMG_4265.jpg

IMG_4266.jpg

IMG_4267.jpg

やたらと裏通りが気になるのは どこへ行っても一緒だ。

IMG_4268.jpg

IMG_4269.jpg

IMG_4270.jpg

IMG_4271.jpg

IMG_4272.jpg

IMG_4273.jpg

IMG_4274.jpg

IMG_4275.jpg

IMG_4276.jpg

IMG_4277.jpg

IMG_4278.jpg

IMG_4279.jpg

IMG_4282.jpg

IMG_4286.jpg

IMG_4287.jpg

さっきから出てくるこの池にとてつもなく巨大な亀がいて その剥製が飾られていた。 池の大きさに対して亀の大きさがマジででかい!

IMG_4288.jpg

IMG_4289.jpg

IMG_4291.jpg

IMG_4293.jpg

ガメラだ!!

IMG_4294.jpg
 
IMG_4295.jpg

IMG_4296.jpg

IMG_4297.jpg

IMG_4298.jpg

IMG_4299.jpg

IMG_4300.jpg

これも誰かに似てるんだよなー。

IMG_4302.jpg

IMG_4303.jpg

ブレまくり

IMG_4307.jpg

ベトナムの英雄!!  ホーチミン!!!  

台湾の蒋介石とは違い国民に愛されている。 東南アジアを一周してホーチミン市に行ったときに会ったベトナム人は、言っていた 「ホーチミンは、俺のヒーローだ」と。 

IMG_4310.jpg

IMG_4311.jpg

IMG_4312.jpg

IMG_4313.jpg

ハノイのマーケットに潜伏

IMG_4314.jpg

IMG_4315.jpg

IMG_4318.jpg

IMG_4319.jpg

IMG_4320.jpg

IMG_4323.jpg

IMG_4324.jpg

IMG_4326.jpg

IMG_4328.jpg

IMG_4329.jpg

IMG_4330.jpg

ちなみに ハノイの街のノイズも中国に負けないぐらいのレベル クラクションは鳴らすためにある。

IMG_4331.jpg

IMG_4333.jpg

IMG_4334.jpg

IMG_4335.jpg

IMG_4336.jpg

IMG_4337.jpg

IMG_4338.jpg

IMG_4339.jpg

IMG_4344.jpg

IMG_4345.jpg

IMG_4346.jpg

IMG_4353.jpg

IMG_4355.jpg

IMG_4357.jpg

彼が トモ!

IMG_4359.jpg

IMG_4361.jpg

IMG_4362.jpg

IMG_4363.jpg

IMG_4364.jpg

IMG_4365.jpg

IMG_4369.jpg

IMG_4371.jpg

IMG_4373.jpg

IMG_4374.jpg

この日は、一日中ひたすら歩いた。 夜も更けトモに別れを告げて宿に戻った。 

次の日の朝、ラオスのビエンチャンへのチケットを買い宿に戻ってネットをしようとパソコンを開くと何故かWI-FIが使えない。 夕方のバスの出発まで宿のロビーでひたすら修復に努めたが使えるようにならない。 買ってからまだ1ヶ月も経っていないというのに。 
日本のオペレーションセンターに連絡すると、台湾と日本では基盤が違うから解からないと言われ、台湾のオペレーションセンターに連絡しても言葉が通じない。 もう一度 日本のオペレーションセンターに連絡すると ディレクトリーすればいいと言われ、それで直らなければそれ以上の手は打てないとまで言われた。 早速ディレクトリーをするためにバックアップし始めたのだが、手持ちのメモリーカードとメモリースティックではぜんぜん足りない。 仕方なく音のデータを宿のパソコンにバックアップした。 直ればまた拾えばいい。 そして、ディレクトリーを実行。 するとOSの画面すら立ち上がらなくなり全くパソコンが使えなくなった。 もちろん 音のデータも拾うことは出来ない。
ラオスへの出発の時間も近づいてきて、もう出なければならないような時間だ。 旅の最中、音がない。 痛い痛すぎる。しかし嘆いたところで時計の針は回り続ける。 今考えればチケットを捨てても良かったように思うが、その時はその発想は出てこなかった。 

音を諦め、肩を落として旅行代理店に行くとバイクタクシーで別の場所に連れて行かれた。

IMG_4378.jpg

IMG_4380.jpg

IMG_4383.jpg

IMG_4384.jpg

IMG_4386.jpg

夕方の5時に旅行代理店に行き、バイクタクシーで大きな道路のバス停で降ろされ ここで待っているように言われた。 この時点で6時過ぎだ。 他にもイギリス人の若者二人とドイツ人の若者が二人 一緒に待っていた。 待つ事約1時間 フランス人カップルとスウェーデン人カップルが合流。 そして、また場所を移動するらしい。 歩かされること約10分、そこでまた待つように言われたときには みんなもう軽く怒っていた。 しかし、待つしかない。 またもや待つ事約1時間。ようやくバスがやってきたが、バスに乗ったときは既に10時をまわっていた。
中国でもここまでは酷くなかった。 ベトナム 手強いぞ!!! 

日本の感覚を持っていると当たり前のところで躓きまくる。

ここは、ベトナム。 それを強く認識した。  
スポンサーサイト

ハノイ 其の1

三亜から海口 海口から船で大陸に戻り そこから南寧を目指してバスは向かった。

三亜を出たのは昼の13時 そして 南寧には次の日の朝3時という とてもナイスな時間に到着してくれた。

IMG_4211.jpg

IMG_4212.jpg

辺りは真っ暗だし 相当眠たい

IMG_4221.jpg

これが南寧のバスターミナル

ここで5時半に切符売り場が開くまで待ってベトナムとの国境の街までのバスチッケットをゲット! 

IMG_4222.jpg

国境に近づくにつれて警備が厳しくなる 

IMG_4223.jpg

無事バス停に到着したのはいいのだが、ここからまだ歩いてはいけないほどの距離があるらしい。 

待ち構えていたのは、中国のトュクトュクドライバー 相場がわからないし、どのぐらい距離があるのかもわからないけれど最初の言い値の4分の1の値段で交渉成立。

IMG_4226.jpg

IMG_4227.jpg

そして ついに国境到着。 陸路での国境越えは生まれて初めての経験でドキドキする。

IMG_4229.jpg

この国境自体、中国とベトナムの国交回復を記念した有料の公園になっている。 国境を越える旅行者は金をとられない。

IMG_4230.jpg

入り口の人だかりの中にたまたま大学で日本語を専攻していた中国人の女の子がいて、俺が日本人だと知ると親切にこの公園を案内してくれた。

IMG_4232.jpg

この場所で調印が行われたらしい。

IMG_4233.jpg

IMG_4234.jpg

IMG_4235.jpg

IMG_4236.jpg

中国側とベトナム側のイミグレーションを手こずりながら超えた。 生まれて初めての陸路での国境越え もう少し何か感じるかと期待していたけど 意外とあっさりしたものだった。 

しかし、それ以上に何十歩か歩いただけで時間が一時間遅れることの方が面白い。 旅に出る前にムクさんから貰った G-SHOCKの時間を一時間遅らせ 国境まで乗せてくれたトュクのオッちゃんから替えてもらった少しばかりのベトナム ドンを握り締めて歩き始めた。

IMG_4237.jpg

IMG_4238.jpg

やはりベトナムの空気は違う と言いたい所だけれど 変わるわけない。 

歩いていくとゴルフ場のキャリーカーが待ち伏せている、どうやらこれでバスの止まっている所までいくらしい。

バス停があるのかと思って、隣に座ったテキサスから来たアメリカ人と話しているとツアーバスの前で止まった。そして、当たり前のように10000ドンとられてしまった。 流れに身を任せて荷物をバスの横っ腹にいれてバスに乗ろうとしたらチケットを見せろといわれた。 えっ!! 
チケットなんか持ってないぞ、どうやらこれは南寧からのツアーバスだったみたいだ。 出会ったアメリカ人とバスは俺を残し手を振っていってしまった。 
残された俺が振り返った先には満面の笑みで俺を見るタクシードライバー。 ここでまた相場も解からず国境の街までの距離もわからない状態での交渉。 しかもベトナムのドンは、100円が大体20000ドンという とても直ぐには対応できそうもない値だし、電卓片手に最初の言い値の3分の1まで落として交渉成立。 タクシーは走り出して10分も経たないうちに国境の街に到着、ぼられてるかも知れないが今のところ調べようがない。バスターミナルに連れて行ってくれと言って着いたのは小さな商店だし、そこに行く前にATMに行ってくれと言ったのは通じてないし、なかなか手ごわい。 とりあえず銀行まで行ってくれと言って動き出すと一つ目の銀行を思いっきりスルー ちょっとだけ遠いATMに連れて行ってくれた。その間もメーターは動きっぱなしだ。 金をおろし、ようやく安心したところでATMの扉の先には得意の笑顔で待ち構えたタクシードライバー その笑顔がやたらとイラッとさせる。 バス停までの金だけを渡すと思いっきりゴネてきたから、すぐ近くに銀行があったことを告げるとスゴスゴ引き下がってくれた。 

なんかベトナム 入ったばかりだと言うのに騙そうとしてる感じが物凄く伝わってくる。 単なる俺の被害妄想だとその時は思おうとしたが、その後の旅で被害妄想ではないことがわかった。 
手強いぞ ベトナム さすがアメリカに勝った国だ。

IMG_4239.jpg

国境の街 ノンドンの街並み


さっきのタクシードライバーが連れて行ってくれた小さな商店に再び行きチケットが高いのか安いのか解からず購入。日本円にすれば大した額ではないにしろ ぼられるのは気分が悪い。が、今の俺にはどうすることも出来ない。 

トヨタのハイエースに詰め込めるだけ人と荷物を詰め込んで昼の12時ごろ車は動き始めた。

IMG_4242.jpg

IMG_4240.jpg

途中で寄った食堂


車で走ること6,7時間 ハノイに到着。 

日も暮れ始めてるし早いとこ宿を見つけなければ となんとなく中心部っぽいところを目指して歩いていると 現れた

IMG_4245.jpg

気のいい兄ちゃんなんだが、断っても断ってもついて来る。 なんなんだこのしつこさは。 三亜からずっと移動し続けている俺は 精神的ゆとりゲージが残り僅かだというのに お構いなしのベトナムピーポー 手強いぞ! 

何とか振り切って見つけたユースホステルの看板 その時はもうどこでもいいから荷物を下ろして休みたいと思う一歩手前ぐらいまで来ていた。 










プロフィール

slowrum

Author:slowrum
           極楽刺激同盟

       
只今 世界を旅してます

バックパックとギターを持って!!


そんでもって 今は日本にいないため活動中止中ですが バンドやってます

[ ANTLION ]

http://www.myspace.com/1004323276


最終目標 日本を目指して徐々に進もう 徐々に

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

slowrum

Author:slowrum
           極楽刺激同盟

       
只今 世界を旅してます

バックパックとギターを持って!!


そんでもって 今は日本にいないため活動中止中ですが バンドやってます

[ ANTLION ]

http://www.myspace.com/1004323276


最終目標 日本を目指して徐々に進もう 徐々に

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Copyright © 好奇心とは本能だ!!  All Rights Reserved.Designed by WAREHOUSE. Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。