好奇心とは本能だ!! 

基本陸路で五大陸駆け抜ける

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムンバイに やってきた!

ムンバイに やってきた。 

なかなか タフな移動でやってきた訳なんだけど、ムンバイ予想以上に物価高し! 

 
ここ数日間 かなり濃い経験をいろいろすることができた。 

バラナシを発った後 向かったのは アラハバード。 


他のツーリストに言っても どこ? というような ローカルな街。 

なぜ そんな街に行ったかというと 10日間の瞑想に行ってたときに友達になったインド人が 是非 と言ってくれたからだ。

本当は瞑想が終わってかなり強引に拉致られそうになったんだけど、強くバラナシに呼ばれていたから 後で ということにしてた。 

口約束だから ノリで言ったのかと思ってたら その後もメールがしばしば来て 行く事になった。 

バラナシのボート漕ぎ エルミンダと一緒にバスに揺られて着いたアラハバードは、外国人ゼロのインドだった。 

バス停まで迎えに来てくれたのは、連絡を取っていたサティス と その友達のサイレシュ。 

そのまま サイレシュの家まで行って家族総出でお出迎えを受けた後 インドの家庭料理を堪能。 

サイレシュの家は、インドでも裕福な佇まいで快適なベットと こんなにしてもらっても と思ってしまうぐらいの歓待を受けた。

一夜明けて、昼からまたもや家族総出で俺をアラハバード観光に連れて行ってくれ アラハバードが インド独立の主導者

ガンディーと ネルー そのゆかりの地であることを知ることができた。 

どういうことかというと、インド中からインド人が集まってくるような場所って事だ。

非暴力で革命を成功させたこの偉人たち、インド人に愛されてるのが ヒシヒシと伝わってきた。 


本当にいろんなところに連れて行ってくれて 家に帰ると結構ヘトヘトになっていたところに 突然 サティスが 

俺の家に今から行こうと言い出した、すぐ近くかと思っていたら車で一時間。 

着いたのは、サティスの大学の学生寮みたいなところで 同じ相部屋にもう二人のインド人がいた、カマロ と アニールだ。

俺がシャワーを浴びてる間に三人はせっせと夕飯を作ってくれた。 

チャパティーと呼ばれる ナンを薄くしたようなものを 小麦粉を練るところから始めて 一人ひとりの担当が持ち回りで代わるみたいだった。

その光景を見てると 旨いとか不味いとか関係なく ただ嬉しいとしか思えない。 旨いんだけど。 

次の日、サティスに連れて行かれたところはローカルからさらにローカルに行った様な インドの草原。 

その中の集落でなにやら 祭りみたいなのが開かれていて サティスの先生みたいな人となぜか一緒に招かれてる様な形になっていた。 

しかし、その集まりは祭りではなく お葬式だった。 

頭の中に いくつもの ? が沸いたが、 何事も経験だ。 その中で自分が何を感じるかが重要だと思い、厳粛な空気の中 全くわからないヒンズー語のお葬式を体感できた。 

それから家に戻り ゆっくりしていたんだけど、インドは暑い。 暑いとなると飲みたくなるのは ビールだ。

しかし、インドは宗教上の問題もあり 大っぴらにビールを飲むことができない。 

だから、カマロとコソコソ自転車でビールを買いに出かけた。 



連れて行かれた場所は、なぜかインターネットカフェ。 インドではインターネットカフェでビールが売られている。 

訳ではなく、アニールが働いているのだ。  そこでも頭の中には ? が生まれたが メールを確認してると、

そこへ新しい刺客 そのネットショップのオーナー アニールのボス ミスーヨー が現れた。 

インド人の子供たちが一時間30ルピー払ってPS3の鉄拳6をしてるのを俺が見ていたら、突然子供たちを追い散らして

一緒にやることになった。 売り物のジュースを出してくれ、それまで動かしていなかったエアコンを作動させ なぜか至れり尽くせりの状態に。 

そうこうしてると 閉店の時間がやってきて アニールと二人で酒屋でビールを買って帰った。 

インド人は、食べながらビールを飲むことをしないらしい。 食事の前に飲むんだけれど、みんなコップ一杯でかなり酔っ払ってる。 

食事をした後、突然かなりの爆音で最近のインドのダンスミュージックをかけ始め みんな 踊り始めた。 

状況がしばらくうまく飲み込めずにいると 踊ることを 熱烈に薦められるのだけれど、男4人で狭い部屋で なかなか

そんな踊る気にはなれない なんて事が言えるようなテンションではない、彼らは。 



一夜明け、俺はそろそろ次の街に動き出さなければならない(9月8日にムンバイからエジプト行きのチケットを押さえているし 他の街もまわりたいから)なー と思い その旨を伝えると、サティスは 俺の家にまだ来てないじゃないか と言い出した。

最初、サティスの家に呼ばれてアラハバードにやってきたのに 行かずして すでに 俺の予定の2日が経過していた。

旅をしていて、重要なことは 流れを読むことだと いつも思ってる。 

この流れで アラハバードを発つことは 流れに背くような気がした。 だから、行くことにした。 

その学生寮からリキシャ(インドのローカルタクシー)とローカルバスを乗り継ぐこと 2時間、着いたのは 見渡す限りの畑 畑 畑。 

インドの自然を満喫系だ。 

その中を通る一本の道の側に、サティスの兄貴の家族が住んでいて そこで昼ごはんをご馳走になった後、

その隣の家 カマロの親父の家にも顔を出し、今日は祭りの日だ といって 連れていかれた先では、その村のインド人が、大勢集まって何かしてる。 

俺が行くと、そこにいる全てのインド人が俺を見続ける、子供たちは 波の様に押し寄せてくる、スピーカーにつなげたマイクで日本人がやってきたことを みんなに伝え それを俺に渡してくる。 

実際 いきなり そんな中にぶち込まれるのは はっきり言って しんどい。 

が、みんな好意でやってくれていること 無下にすることなどできないし、ましてやこの中の何人かは初めて見る日本人な訳で ここで 引き下がるわけには いかないと思い、祭りに参加して(木の上に吊るした 御神体みたいなものを 器械体操みたいな要領で 人間タワーを作り それに 触れるというもの) 村人たちと泥にまみれて戯れた。

ここまでくれば、インド人だろうが日本人だろうが関係ない。 

突然のスコールに祭りを去るキッカケを貰い サティスを拉致して撤収。 

雨もやみ とことこ歩いてると 突然   ここ 俺んち  と サティスが立ち止まった家の前には無数の牛が。 

ここで初めて 最初の目的を達した。 

次々と家族を紹介され もう 誰が誰だか全くわからない状態になった。 

サティスの実家の家族は、25人家族。 いろんなところから 同時に質問が飛んでくる。

ひと段落つき 今日中に最初のサイレシュの家に戻る予定だったはずが、泊まることになった。 

夜ご飯は、カマロの親父の家でいただき 田舎の一本道沿いにあるこの街に来て最初に昼ごはんをご馳走になった 

サティスの兄貴の家に泊まった。 

どこで寝るのかと思っていたら、昼ごはんを食べた道に面した家の前だった。 

少し驚いたけれど、横になってみると大自然の中で虫たちの鳴き声を聞きながら眠るのは、相当気持ちがいい。 

翌朝、5時に起こされ 歩いてついていくと 大きな木の下にヒンズー教の寺院が建っていて そこで その村のババ達と

日の出 ヨガ。   なんとも言えない 最高の時間だった。 

そして、ようやくその日にサイレシュの家に戻った。 

戻るとみんな お帰りとばかりに 温かく出迎えてくれ、次の街 アグラへのチケットの手配から電車の中で食べる手作りのおやつまで用意してくれた。 

それに、サティスとサイレシュの弟 バチュウ アニール と ミスーヨまで一緒にアグラに行く事になった。 

次の日の朝、4時に起きて朝一の電車でアグラに向かい タージマハル。 

インド人は、入場料20ルピー 外国人ツーリストは 750ルピー。 やり過ぎだろ、と思ったけれど 750ルピーの価値は

当然あった。  シンボル オブ ラブ      タージマハル。 

閉館の時間になり アグラの街に出てゆっくりしようという事になったのだけれど どこもかしこも ツーリストプライスで

あちこち周った挙句 時間がなくなりそうになったから(みんなは帰りのチケットを買っていた) 結局その辺のレストランで

急いでご飯を食べる羽目に。 

アニールが、歌ってくれ 歌ってくれ と俺といる間 ずっと言っていたけれど このまま チャンスが無く別れてしまいそうだった。 

俺は、デリーに向かうバスに乗りみんなを見送ろうと思った。 しかし、アニールの言葉が妙に気になっていたからそのバスの中で一曲歌った。 

みんな 知ってそうだったから ボブ マーリー 歌ったんだけど、 アニールとサティスが 号泣。 

俺まで もらい泣きしそうになった。  


最後の最後まで ほんとに インド人は  やってくれるわ。 


スポンサーサイト

現在 インドのバラナシ なり!! 9

徐々にバラナシを去らなくてはならない日が、近づいてくるのを実感しつつ 

現在 インドのバラナシなり。



今日のヨガ。 

俺の自我は、俺ではない。

俺の体は、俺ではない。

俺の魂すら 俺ではない。 

じゃー 俺は何? 誰?

これを自分に置き換えれば、誰でも考えられることだから どうぞ! 



前回の続き

成都に到着後、すぐさまバスで4時間ぐらいの楽山に中国ビザを申請に出かけた。

IMG_1545.jpg
IMG_1558.jpg
IMG_1561.jpg
IMG_1586.jpg
IMG_1587.jpg
IMG_1588.jpg

無事 ビザGET! 

IMG_1614.jpg
IMG_1615.jpg
IMG_1616.jpg
IMG_1620.jpg
IMG_1621.jpg
IMG_1622.jpg
IMG_1623.jpg
IMG_1629.jpg
IMG_1630.jpg
IMG_1640.jpg
IMG_1644.jpg
IMG_1647.jpg

再び成都に戻り、九塞溝への二泊三日ツアーに参加。 中国の旅行会社のツアー。

IMG_1681.jpg
IMG_1694.jpg
IMG_1697.jpg
IMG_1711.jpg
IMG_1715.jpg
IMG_1718.jpg
IMG_1731.jpg
IMG_1736.jpg
IMG_1747.jpg
IMG_1753.jpg
IMG_1727.jpg
IMG_1774.jpg
IMG_1775.jpg
IMG_1780.jpg
IMG_1801.jpg
IMG_1811.jpg
IMG_1813.jpg
IMG_1814.jpg
IMG_1821.jpg
IMG_1843.jpg
IMG_1912.jpg
IMG_1926.jpg
IMG_1935.jpg
IMG_1941.jpg
IMG_1944.jpg
IMG_1945.jpg
IMG_1947.jpg
IMG_1949.jpg
IMG_1938.jpg
IMG_1939.jpg
IMG_6306.jpg
IMG_6312.jpg
IMG_6313.jpg
IMG_6323.jpg
IMG_6330.jpg
IMG_6331.jpg
IMG_6350.jpg
IMG_6355.jpg
IMG_6365.jpg
IMG_6367.jpg
IMG_6380.jpg
IMG_6388.jpg
IMG_6399.jpg
IMG_6403.jpg
IMG_6407.jpg
IMG_6337.jpg
IMG_6340.jpg
IMG_6346.jpg
IMG_6452.jpg
IMG_6411.jpg
IMG_6425.jpg
IMG_6429.jpg
IMG_6434.jpg
IMG_6440.jpg
IMG_6453.jpg
IMG_6459.jpg
IMG_6468.jpg
IMG_6482.jpg
IMG_6507.jpg
IMG_6512.jpg
IMG_6516.jpg
IMG_6536.jpg
IMG_6538.jpg
IMG_6552_20100827232607.jpg
IMG_6615.jpg
IMG_6617.jpg
IMG_6621.jpg
IMG_6601.jpg
IMG_6608.jpg
IMG_6681.jpg
IMG_6672_20100827233215.jpg
IMG_6622.jpg
IMG_6626.jpg
IMG_6627.jpg
IMG_6628.jpg
IMG_6630.jpg
IMG_6610.jpg
IMG_6611.jpg
IMG_6612.jpg
IMG_6686.jpg
IMG_6696.jpg
IMG_6697.jpg
IMG_6698.jpg
IMG_6702.jpg
IMG_6674.jpg
IMG_6675.jpg
IMG_6677.jpg
IMG_6678_20100827233314.jpg
IMG_6680.jpg
IMG_6703.jpg
IMG_6705.jpg
IMG_6707.jpg
IMG_6721.jpg
IMG_6725.jpg
IMG_6740.jpg
IMG_6682.jpg
IMG_6792.jpg
IMG_6793.jpg
IMG_6797.jpg
IMG_6799.jpg
IMG_6809_20100827233756.jpg
IMG_6824.jpg
IMG_6827_20100827233755.jpg
IMG_6836.jpg
IMG_6840_20100827233754.jpg
IMG_6768.jpg
IMG_6770.jpg
IMG_6791.jpg
IMG_6894.jpg
IMG_6896.jpg
IMG_6903.jpg

というわけなんだけど。 

写真アップ疲れ、、、  


現在 インドのバラナシ なり!! 8

今日は、朝ガンガーボートを堪能した。 

そしてまた思った。 


バラナシ  いいわー。 



どうやら、幸せを求めると不幸せになるらしい。 



うちのゲストハウスのドミにいる韓国人が、今日突然スピーカーをくれた。 

ガンガーへの捧げ物が、もう別の形でかえってきた。 




現在 インドのバラナシ なり!! 7

同じ宿に 面白い人を見つけた。 タブラ叩きの旅人 ノブ君。 

もうバナラシに4ヶ月ぐらい住んでて タブラを習ってる。 前にもバラナシでタブラを習っていたらしい。

だからという訳ではないけれど うまい、のれる、ジャムって楽しい。 

いろんなところに面白い人が隠れてる街、バラナシ。 

っと これをカタカタやってる 今 ノブ君が現れた。 


まー さておき 前回のプログでRootsって本の写真 あるけれど、 

この本が俺のRoots。 

なぜなら、離婚を決意した俺の母親のお腹に俺がいることが発覚したとき この本を呼んで母親は

俺を生むことを決意したからだ。 

本との出会いで人の人生は、変わるもんだ。 

あの時こうすれば ああすれば こうなったのに とか、

あの時ああなっていても きっとこうなった とか、

色々あるけど、結局成るように成ってるんだ。 

だから、成るように成ってやろうぜ。     


今日のバラナシもよき一日だった。 

それでは その後の中国IN。 

二度目の中国 目指すは チベット。 

IMG_1072_20100820185346.jpg
IMG_1081_20100820185346.jpg
IMG_1088_20100820185345.jpg
IMG_1091_20100820185345.jpg
IMG_1092_20100820185344.jpg
IMG_1113_20100820185344.jpg
IMG_1128_20100820185612.jpg
IMG_1133_20100820185611.jpg
IMG_1141_20100820185611.jpg
IMG_1143_20100820185610.jpg
IMG_1155_20100820185610.jpg
IMG_1158_20100820185609.jpg
IMG_1170_20100820185718.jpg
IMG_1178_20100820185717.jpg
IMG_1182_20100820185717.jpg
IMG_1184_20100820185716.jpg
IMG_1185_20100820185716.jpg
IMG_1186_20100820185715.jpg
IMG_1189.jpg
IMG_1190.jpg
IMG_1191.jpg
IMG_1241.jpg
IMG_1247.jpg
IMG_1258.jpg
IMG_1329.jpg
IMG_1344.jpg
IMG_1358.jpg
IMG_1451.jpg
IMG_1362.jpg
IMG_1366.jpg
IMG_1378.jpg
IMG_1380.jpg
IMG_1396.jpg
IMG_1397.jpg
IMG_1398.jpg
IMG_1431.jpg
IMG_1441.jpg
IMG_1443.jpg
IMG_1450.jpg
IMG_1455.jpg
IMG_1481.jpg
IMG_1494.jpg
IMG_1498.jpg
IMG_1519.jpg

ベトナム 中国間の国境は、無事通過。 

マネーチェンジでは危うく騙されるところだったけれど、セーフ。

そして、国境の街からそのまま昆明へ。 

雲南省は、見所が一杯だ。 一杯過ぎる。 中国自体に見所が半端無く多い。 

今回は、大理 リージャン シャングリラは諦めた。 目的はチベットなのだ。 

昆明は、一泊で切り上げ電車に揺られること23時間、成都に到着。 

昆明の感想としては、中国なのに綺麗過ぎる。 

それに、標高が高いから空が青い。 

都会。 

だんだん だんだん 都会に興味が無くなっていく、、、 

だって 日本に一杯あるからね それは。 

しかし、楽しかった。 ビールも美味いし、天気も良かった。 

成都の有名なシムズというゲストハウスに着いたその日に、サッカー日本戦。 

たくさんの日本人と応援していたら、その中の一人に 面白い人がいた。

インドに通うこと15年のツワモノ タカ君だ。 

タカ君もチベットに行くみたいで 四人のチームがもう出来ているみたいだった。 

初日で速攻意気投合。 一緒のツアーで行きたいなー ということになり ツアーの最安値人数 

8人を目指して 人を探すことになるのだけど、チケットが容易に手に入らない為 早く行きたい場合は

早く人を集めてチケットを抑えなくてはならない。 

これが以外に すんなりいき 楽山へビザを取りにいって 中国 もうひとつの目的地 九塞溝へ 

むかうのだった。



バラナシTime 21:00。

現在 インドのバラナシ なり!! 6

今朝は、4日ぶりぐらいの太陽が顔を出してくれて ガンガーにダイブ。 

その結果、バラナシで買った ラドラクシャ(菩提樹の実)を見事 ガンガーに捧げることになってしまった。 

しかし、これは いい事だ。 直接的に捧げようとは 思っていなかったけれど 間接的に捧げることになり 

なおかつ 物を無くしたにもかかわらず 気分がいいのは 今日という日が、素晴らしいお陰だ。 

毎朝 5時に起きて ガンガーで ひたすら ボケーーーーっとして チャイ飲んで 8時からYOGA。 

それが、俺のバラナシでの日課。 

素晴らしい今日のお陰で 今日のYOGAは すごかった。 

何が凄いかを 文章で書くと 凄く胡散臭くなるから やめとこう。 



さー ベトナム ベトナム!!! 

ホーチミンでのテーマは、カメラ購入。 台湾でパソコンを購入したとき、もう絶対海外では精密機器は 

買わないと 心底思ったのだけれど、カメラは絶対要るからね。 

IMG_0538.jpg
IMG_0547.jpg

はい ホーチミンでカメラ購入成功!! それに ナイジェリア人のミッシェルと知り合って 彼のLive

にも誘われた。 彼は、ラッパー ホーチミンのシェラトンホテルの最上階のフロアでのLiveだった。 

一杯8ドルのジョニーウォーカーを飲むのに 多少躊躇いはしたが、楽しい時間だった。 

ホーチミンに到着した初日、夜中にプラプラ繁華街を歩いてると 見るからに怪しげな二人組みの男が道端の

露店で酒を飲んでた。 そして、俺に向かって手招きをしてくるからちょっと寄ってみると 一人は英語教師で

俺にもわかり易く簡単な英語を使ってくれたからコミニケーションがとれた。 

彼に聞いてみた。 君にとって ホーチミンとは どんな存在なのか と、 

すると 彼は真顔で こう言った。   

「ホーチミンは、俺のヒーローだ」

なんか響いた、そして羨ましくもあった。 ベトナムの国民みんなにこれだけ愛されているホーチミン、

これだけの思いの強さで俺にとってヒーローなんていたっけな? 

そして、気持ちよくその二人組みと別れたわけなんだけど、二人は思いっきりゲイで最初に俺は女が好きだ。

と宣言すると 一人の人間として普通に接することが出来た。

IMG_0052.jpg
IMG_0016.jpg
IMG_0023.jpg
IMG_0026.jpg
IMG_0039.jpg
IMG_0040.jpg
IMG_0156.jpg
IMG_0176.jpg
IMG_0183.jpg
IMG_0195.jpg
IMG_0203.jpg
IMG_0209.jpg
IMG_0232.jpg
IMG_0264.jpg
IMG_0293.jpg
IMG_0604.jpg
IMG_0606.jpg
IMG_0617.jpg
IMG_0669.jpg
IMG_0536.jpg
IMG_0541.jpg
IMG_0784.jpg
IMG_0793.jpg
IMG_0722.jpg
IMG_0729.jpg
IMG_0730.jpg
IMG_0735.jpg
IMG_0743.jpg
IMG_0757.jpg
IMG_0758.jpg
IMG_0763.jpg
IMG_0764.jpg
IMG_0775.jpg
  
ホーチミンを出て ホイヤンに到着。 言いといわれて行ったゲストハウスの受付の女の子にチェックインの時

書く紙を一度破り捨てられはしたが、ノープロブレム。 俺は、楽しむ為にベトナムへ来たから。

その後、再びハノイへ!! 

二度目のハノイ、まー普通。 普通ってなに?って感じだけど、前は普通以下だったから前より楽しめた。 

そして、遂にベトナム最後の街 サパへ向かった。 

なぜサパに行こうと思ったかというと、バンコクのカオサンの近くにある ママズ という安宿のスポンサーの

日本人のおっちゃんが、「サパに行かずして、ベトナムを語るな」と 俺に言ってきたからだ。 

それだけ言うということは、何かがあるのだろうと期待に胸を膨らましつつバスに乗り込んだ。

感想  

アジアのスイス

少数民族いっぱい

山 きれい

空気 きれい

飯 うまい

人もベトナムにしては なかなか いい

だが、事件が起きた。 

サパに行くバスのなかで出会った、アメリカ人のオネーちゃんと弟 そしてその彼女 それにオーストラリア人

とイギリス人とニュージーランド人 このメンバーで みんなで原付を借りて村々を周ることになった。

午前中は、少数民族の村で少数民族と戯れた後、お土産攻撃を受けるという かわいいものだった。

しかし、午後 山間の気持ちいい道路 カーブが多くてツーリングには持って来いの道。

 その道を走っているときに事件は 起こった。 

俺は、景色が見たいから のんびり走っていたんだけど 弟とその彼女が乗ったバイクがスピード出しすぎで

転倒。 彼女の方は、無傷に近かったけれど 弟のほうは 鎖骨とアバラを3本骨折という重症。 

すぐにタクシーを呼んで病院に直行し、即 手術。 

姉ーちゃんと彼女は、付き添って 他のみんなは宿に戻った。 俺は、手術が終わる時間に荷物やなんかを運ぶ為

にバイクで病院に向かった。 手術室の前で待ってるとオネーちゃんが出てきて号泣。 

そりゃそうだ。 しかし、そんな時も慰めの言葉すら満足に言えない俺。 

この時ほど、英語が話せたらと思ったことはない。


その後二人は、無事アメリカに帰国。 彼女はどうしたか解からないけれど、自分の無力さを痛感した。 

  







プロフィール

slowrum

Author:slowrum
           極楽刺激同盟

       
只今 世界を旅してます

バックパックとギターを持って!!


そんでもって 今は日本にいないため活動中止中ですが バンドやってます

[ ANTLION ]

http://www.myspace.com/1004323276


最終目標 日本を目指して徐々に進もう 徐々に

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

slowrum

Author:slowrum
           極楽刺激同盟

       
只今 世界を旅してます

バックパックとギターを持って!!


そんでもって 今は日本にいないため活動中止中ですが バンドやってます

[ ANTLION ]

http://www.myspace.com/1004323276


最終目標 日本を目指して徐々に進もう 徐々に

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Copyright © 好奇心とは本能だ!!  All Rights Reserved.Designed by WAREHOUSE. Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。