好奇心とは本能だ!! 

基本陸路で五大陸駆け抜ける

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラケシュ  フランス人   カッパドキア回想

今日の夜の電車でこのマラケシュからもおさらばだ。

宿のチェックアウトを済ませたのにもかかわらず宿に居座る俺。

モロッコ人のうっとうしさが移ってきたのかも!? 

いやいや、そんなにうっとしくないない。

この宿でフランス人の友達が出来た。 彼は、フレンチのシェフで仕事しながら旅を続けている。 

今は、プータローだけど。 

昨日のサンセットは、それは見事なものでマダラに広がる雲が深い紅色に染まっていた。

俺は、すかさずパシャパシャやっていたわけなんだけどその時も目の前にいるモロッコ人が、

俺を撮ったな!! じゃーチップ払えってんで 迫ってきたから前と同じ要領で両肩に両手を乗せ 「ルック ルック」 とか言いながら夕陽の方を振り向かせて後ろからカンチョーしてみると不感症なのか無反応。 あれっとか思いながら次は膝と腰のバネを使ってカンチョーしてみた。

すると、飛び上がって悶絶。 周りにいたモロッコ人と笑っていたら そいつも一緒になって笑ってた。 

ギャグが通じるモロッコ人 大好きだ。(ヨーロッパでは通用しそうにない) 

宿に帰ってフランス人と一緒にその写真を見ていると遠い目をしながら彼は

「この夕陽の色は、今日殺された羊達の血だ。」と一言、いやーうまい事言うなーと関心。

後で、また彼と一緒に昼飯でも食べに行こう。 




トルコ カッパドキア 回想 

ダハブでは、無事アドバンスオープンウォーターまでのライセンスをゲット。

スキューバダイビングもさることながらインストラクターとの絡みや毎日の朝日 どれをとっても最高だった。

夜、バスでダハブを発ってカイロに戻ったのは早朝。 バスの中で隣にいたマレーシア人と一緒にカイロ博物館に行ったけど、イマイチな感じだった。(俺は)  

14;30の飛行機に乗るため11;00にカイロを発って空港に向かった。普通に走れば45分ぐらいの距離を事故渋滞で空港に着いたのが14:20 慌てて受付に行くと アウトー と言われ逆ギレしてると あと30ドル出せば次の便に乗せてやるよ 的なことを言われたからそれに便乗。 イスタンブールに到着後すぐさま違うターミナルに行ってカッパドキア近くのカイセリ空港に飛んだ。 
カイセリに着いたのは、夜中の2時。 だからそのまま空港のベンチで就寝。 

次の日の朝爽やかな目覚めでバスに乗ること30分遂に目的地のカッパドキアに到着。

着いたら もうヘトヘト。 ダハブから丸二日近く観光しながらの移動は、流石に堪えた。 

IMG_6223.jpg
IMG_6227.jpg
IMG_6228.jpg
IMG_6233.jpg
IMG_6235.jpg
IMG_6237.jpg
IMG_6247.jpg
IMG_6255.jpg
IMG_6300.jpg
IMG_6301.jpg
IMG_6304.jpg
IMG_6352.jpg
IMG_6377.jpg
IMG_6382.jpg
IMG_6392.jpg
IMG_6402.jpg
IMG_6311.jpg
IMG_6443.jpg
IMG_6448.jpg
IMG_6453_20101117055657.jpg
IMG_6472.jpg
IMG_6476.jpg
IMG_6479.jpg
IMG_6482_20101117055728.jpg
IMG_6495.jpg
IMG_6499.jpg
IMG_6541.jpg
IMG_6550.jpg
IMG_6557_20101117055725.jpg
IMG_6592.jpg
IMG_6597.jpg
IMG_6620.jpg
IMG_6638.jpg
IMG_6654.jpg
IMG_6661.jpg
IMG_6667.jpg
IMG_6680_20101117055842.jpg
IMG_6686_20101117055842.jpg
IMG_6689.jpg
IMG_6692.jpg
IMG_6719_20101117055840.jpg
IMG_6728.jpg
IMG_6766.jpg
IMG_6768_20101117055925.jpg
IMG_6794.jpg
IMG_6795.jpg
IMG_6796.jpg
IMG_6803.jpg
IMG_6808.jpg
IMG_6811_20101117060137.jpg
IMG_6816.jpg
IMG_6835.jpg
IMG_6725_20101117055927.jpg
IMG_6840_20101117060225.jpg
IMG_6841.jpg
IMG_6847_20101117060224.jpg
IMG_6851.jpg
IMG_6852.jpg
IMG_6855.jpg
IMG_6869_20101117060259.jpg
IMG_6885.jpg
IMG_6890.jpg
IMG_6893.jpg
IMG_6896_20101117060257.jpg
IMG_6898.jpg
IMG_6901.jpg
IMG_6902.jpg
IMG_6915.jpg
IMG_6936.jpg
IMG_6950_20101117060334.jpg
IMG_6951.jpg
IMG_6953.jpg
IMG_6962.jpg
IMG_6975.jpg
IMG_6978.jpg
IMG_6998.jpg

ダハブに続いてカッパドキアも本当によかった。 

俺が泊まってたドミトリーに昔 ジミヘンが泊まったらしい。 しかも、俺が寝たベットと同じベットに。嘘かホントかはよく解からないけど、そう言っていたから俺は信じる。 だから、カッパドキアではずっとジミヘンのTシャツ着てた。(嬉しげに) 

俺は、ここでも毎朝早起きしてジョレメ(カッパドキアを観光する多くの旅行者はここに泊まる)で一番高い丘に上がり朝日ヨガをやっていた。 天候も気候も素晴らしかったし、バラナシで会ったイズミンから聞いて行った宿は、かなり居心地よかった。 飯もうまいしビールもうまい。(因みに俺が毎朝ヨガをやっていたその丘でイズミンは、強盗にあったらしい。俺も少し身構えてたんだけど、近づいてくる奴に毎回疑いの眼差しを送るのは、正直出来なかった。それに、この景色の中で強盗って!?とも思うが、悪者はその盲点を突くのだろう。)

しかし、景色の凄さは流石だった。 圧倒的なんだけど なんか温かくって 岩ばかりが地面から突き出てる(海に削られたと言うべきか?)のに、青空がそれを優しく包み込んでゴツゴツした印象がない。

足すでもなく引くでもない、そのままで完璧。 そのままが完璧な風景。 

その中を原付でビーーーンと走ってる時の爽快感が、また堪らない。 このまま飛んでいけそうなぐらい。

しかし、ドイツ人の女の子とバイクをシェアして周っていたから安全運転。

カッパドキアでは、ツアーにも参加したし自分達で周ったりもしたけど どちらも最高だった。

そして、カッパドキアでの定番の鉄板観光といえば 熱気球。 

これに乗ろうかどうかちょっとばかし悩んだけど、これは次好きな女の子と来た時の為とって置く事にした。(一人で乗るのもなんだったから、、、)



 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://slowrum.blog107.fc2.com/tb.php/74-ed638614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

slowrum

Author:slowrum
           極楽刺激同盟

       
只今 世界を旅してます

バックパックとギターを持って!!


そんでもって 今は日本にいないため活動中止中ですが バンドやってます

[ ANTLION ]

http://www.myspace.com/1004323276


最終目標 日本を目指して徐々に進もう 徐々に

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

slowrum

Author:slowrum
           極楽刺激同盟

       
只今 世界を旅してます

バックパックとギターを持って!!


そんでもって 今は日本にいないため活動中止中ですが バンドやってます

[ ANTLION ]

http://www.myspace.com/1004323276


最終目標 日本を目指して徐々に進もう 徐々に

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Copyright © 好奇心とは本能だ!!  All Rights Reserved.Designed by WAREHOUSE. Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。